MENU

乾燥による目元のシワは浅い!?

乾燥による目の下のしわは、一般的に「ちりめんじわ」とも呼ばれるもので、もっとも浅くてなくしやすいシワです。

 

乾燥による目の下のシワは、ある程度は保湿することで薄くしたりすることが出来ます。乾燥しているというのはつまり、お肌の保湿成分が足りていないということです。

 

乾燥肌は、角質の水分が30%以下になった状態のことを指します。

 

お肌にはもともと「角質細胞間脂質」という保湿成分があり、これが普段からお肌を保湿してくれているのです。もちろん目の下も例外ではありません。
ちなみに、この保湿成分の主成分は「セラミド」です。

 

そんな人間産の保湿成分がなくなってしまう原因としては、洗顔やシャワーが挙げられます。いくら鉄壁の保湿成分といえど、滝のごとく降り注ぐシャワーと石鹸に連携を取られると、弾かれてしまいます。

 

ですので、そのあとにきちんと保湿する必要があるわけですが、ついつい忘れてしまうんですよね^^

 

で、保湿しなければならないわけですが、
保湿するときにお勧めなのが「セラミド」という保湿成分です。

目元の乾燥によるシワにはセラミドが有効!?

セラミドはお肌の「細胞間脂質」の主成分であり、高い保湿力がありますので、セラミドが含まれた保湿化粧品はかなりの人気です。
(ただし、原価が高いので安く売ってる化粧品には入ってないです。あるいは超低濃度。)

 

 

なんとセラミドの保湿力は、「湿度0%でも大丈夫」です。大袈裟ではなく。乾燥肌の人にとってはこれ以外の選択はあり得ないですし、健康な肌の人でも皮脂が少ない口周りや目の周りは、セラミドを使っておくのが安心です。
皮膚が薄くてしわになりやすいデリケートな目の周りなんかは特にです。
ちなみに、セラミドを取り入れるには、化粧品で取るのが一番です。

 

セラミドの凄い効果とは!?

ここではセラミドの美肌効果を、カンタンにご説明いたします。

 

美肌の救世主「セラミド」のスゴイところ

 

  • スポンジのように水分や油分をためこむ保湿効果
  • うるおいを閉じ込めて外部の刺激から守るバリア機能
  • 本来は体にある成分なので肌にも優しい

 

セラミドとは、人間が本来もっている成分で、肌細胞の隙間でうるおいや油分を閉じ込め、乾燥から肌を守る優れた保湿成分です。

 

他にもコラーゲンやヒアルロン酸など化粧品によく使われる保湿成分はありますが、その中でもやっぱり凄いのはセラミド。なんとバリア機能がある『細胞間脂質』の約半分がセラミドで作られているのです!水分と油分のバランスを保ってうるおいを逃さず、紫外線といった外部の刺激からしっかりガードします。

 

 

セラミドの減少した肌は、バリア機能が弱くなるので外部からの刺激を防げず、かさつきや肌荒れしやすい状態になってしまいます。不足したままだと敏感肌の悪化や、アトピーになる場合もあるんです。

 

バリアの効果を高めるには、化粧品などを外側から肌に直接つけることです。セラミドは、肌表面の角質層にあるため、体の内側から働きかけるより効果的。コラーゲンやヒアルロン酸といった保湿成分の力も高めてくれます。

 

セラミドは美肌の要なのですさらに、もともと人体に存在する成分なので、すでに敏感になっている肌でも刺激物と認識されにくいんです。セラミドを補給してバリアを回復させてあげれば、重い肌荒れも少しずつ治まるので、もともとの健やかな肌に戻してくれます。

 

つまり、セラミドは肌を乾燥から守るだけではなく、他の保湿・美肌成分の働きまで支えてくれるということ。

 

憧れの肌になるために、ぜひ取っておきたい美肌成分だといえますね。

このページの先頭へ